書籍・雑誌

2014年8月13日 (水)

暑い時こそ読書

本が大好きな私。

三度のご飯より好きかもしれません。

夢中になると 寝食忘れて読んでしまいます・・^^;


最近読んだ小説で面白かったものをご紹介します。


百田尚樹さん 「モンスター」 「プリズム」

貴志祐介さん 「十三番目の人格 ISORA」


Dsc_0613


Take_file_20140724070544290

百田さんと言えば、「永遠のゼロ」が有名ですね。

(私はまだ読んでいないのですが)

偶然なのですが、「プリズム」と「十三番目の人格 ISORA」は

どちらも、「多重人格」を題材にした小説です。

百田さんの小説は、切ないラブストーリーで

貴志さんのは、背筋が寒くなるホラー小説です。


「モンスター」は美容整形手術を繰り返す女性が主人公です。

どのお話も読みごたえがあり、暑さを忘れるほど面白いです。

夏こそ読書。

時間のある方は、読んでみて下さいね(^^)


※昨日と今日は外食したため、ダイエットはおやすみしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年6月13日 (月)

読書とガーデン作業♪

5日間連続出勤がようやく終わりました。


今日の午前中は、銀行、郵便局、市役所をまわり、溜まっていた雑用を済ませました。

そして午後からはガーデン作業に精を出しました。

今日の作業は、草むしりと鉢植えの植物の植え替え、鉢の整理、etc・・

暗くなるまで作業をしましたが、腰の具合がだいぶ良くなっていたので、

なんとか頑張れました。

けっこう重労働だったので写真を撮る余裕がなくて、画像はありません・・wobbly


ところで、記事のタイトルにも書いていますが、最近読書がマイブームです~(o^-^o)

(ペイントする時間がなくても、読書をする時間はあるの?って突っ込まないでね・・^^;)

本、大好きなんです。

トールとガーデニングと同じぐらい好きです。

腰痛で起きられないとき、入院していたとき、ずっと本を読んでいました。


で、最近読んだのはこの2冊です。


P6132905


貴志祐介さん・・「天使の囀り(てんしのさえずり)」

乃南アサ(のなみあさ)さん・・・「ピリオド


貴志さんの方は、とっても怖いバイオホラー小説です。

内容はとても面白くて怖いのですが、

虫が嫌いな人は絶対読んではいけません!

私、虫が嫌いではありませんが、読んだあとの数日間は

虫ノイローゼになっていました・・shock


乃南アサさんの「ピリオド」は、なかなか良かったです。

主人公はカメラマンでバツイチで40歳の女性なんですが、彼女の心の中の

描写が丁寧に書かれていて、共感する部分がたくさんありました。


余談ですが、、、

貴志祐介さんの小説には怖い物語がけっこうあるのですが、

今まで読んだ小説の中で一番衝撃を受けたのは「悪の教典」でした。

上下巻に分かれている長編ホラー小説です。

IQの高い好青年の高校教師が、自分のクラスの生徒全員を殺戮する・・・

主人公は、反社会性人格障害(サイコパス)という設定ですが、

本当に背筋の寒くなるようなお話でした・・shock

彼は一体なぜ、そんなことをしなければならなくなったのか、、、

気になる人は読んでみてくださいね。

でも、血や暴力に敏感な人、弱い人は読まないほうがいいと思います。

読後感はかなり悪いですし・・^^;


でも、この小説の主人公、

「蓮実先生」のファンが多いと聞いて、かなりビックリした私でした・・

いつもクリックありがとうございます~heart04

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年2月19日 (土)

恩田 陸さんの本より

みなさま こんにちは。

今日は、本のお話です。

今読んでいる「恩田 陸(おんだりく)」さんの本の中に、

ちょっと面白いことが書いてあったので、すこしブログに書いてみたいと思います。

恩田さんの作品を知らない方もいると思いますが、

「六番目の小夜子」という小説は知っている人もいるのではないかと思います。

これは、恩田さんのデビュー作で、NHKのドラマにもなりました。

さて、私が今読んでいるのは、「麦の海に沈む果実」という本です。

この小説の中に、「赤毛のアン」と「若草物語」のことが書いてあるのですが

それがとても面白い内容だったので以下に本文を抜粋します。

ちょっとトールにも関係があることかもかも?なので、

お時間のある方は読んでみてください。


<本文より一部抜粋>

女の子はだいたい、『赤毛のアン』派か、『若草物語』派の二つに分かれる。

『赤毛のアン』を好きな女の子は、女の子っぽい子が多いと思う。

可愛いものが好きで、キャーッと叫んでグループを作り、

みんなでお揃いのリボンを買ったりする。

『若草物語』を好きなのは―自分みたいな子だ。

どちらかと言えば一人でいるのが好きで、

仲良くもないのに群れるのはつまらないと思い、

うんと気が合う子が一人か二人いればいいと思うような子だ。

『若草物語』が好きな子は、たいてい次女のジョーが好きだった。

ジョーの言動には大いにシンパシーを感じる。

男の子に負けたくない気持ちと、

誰かに守ってもらう女の子でいたい気持ちの

あいだで揺れ動くところが共感できる。

アンもジョーも小説家になるのだけれど、

二人はどんな小説を書いていたのだろう。

・・という内容なのですが、

わたしは、『赤毛のアン』より『若草物語』の方が好きで、

自分の性格がここに書かれている通りだったので、いたく感動してしまいました。

そして、『若草物語』の中では、ジョーが一番魅力的で好きでした。

トールペインターの中にも、『赤毛のアン』が大好きという方や

『若草物語』が好きという方がいらっしゃって、

小説の一場面をテーマにたくさんの作品を描いておられます。

どちらの小説が好きかで、こんな風にその人の性格まで推察できるなんで

ちょっと面白いなぁと思ってしまいました。

あなたな、アン派ですか、それともジョー派ですか?

この小説には、「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」のことなども

書いてあって、それもちょっと面白いなと思ったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ
にほんブログ村

2010年2月26日 (金)

銀メダルおめでとう、真央ちゃん・・!

女子フィギュアスケート フリーが終りました。

浅田真央選手は渾身の演技で見事銀メダルに輝きました。

キム・ヨナ選手の演技の後、緊張と大きなプレッシャーの中で

大技トリプルアクセルを2度も決め、素晴らしい演技内容でした。

終盤に二度ジャンプミスがあったのがとても残念でしたが、

それでも観衆の心に残る素晴らしい演技だったと思いますhappy01

試合後のインタビューで「完璧に滑れず悔しい・・」と泣いていた真央ちゃん・・

見ていた私でさえ痛恨のミスに思えたので、真央ちゃん本人の悔しさは

言葉では言い表せないと思います。

でも、言い訳せず素直に金選手に負けたことを認めた真央ちゃんは

潔かったと思います。

真央ちゃん、よく頑張ったね!銀メダルおめでとう!

安藤選手、鈴木選手も全力を尽くしてよく頑張ったと思います。

どちらも心に残る会心の演技で、ともに入賞することができ

本当に良かったですhappy01

真央ちゃん、ミキティ、鈴木選手、おめでとう!

そして感動をありがとう。


余談ですが・・
ネットにはキム・ヨナ選手の高得点に対する批判的なコメントが

色々出ています。

私の気持も似たようなものですが・・

~・~・~・~・~以下ネットのコメントより~・~・~・~・~

  キム選手がノーミスで完璧だったのはわかりますが、

  あれほどの点数がどうして出るのか不思議。

  浅田選手が自己の限界を攻めて3回転半を2回も成功させたことは

  素晴しいです、

  史上初ですから。

  演技構成点には審判員の主観が入りすぎのような気がします。

~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~

  キムヨナ選手のフリー演技は確かにノーミスでしたが、

  あまり印象に残らない演技で、少し残念に思います。

  ショートではとても感動したけれど、フリーではただミスなく綺麗に滑った、

  という印象を受けました。

  フリー演技だけに焦点を絞るならば、滑走中に伝わってくる気迫やオーラは

  明らかに浅田選手の方が強かったです。

  また、あのような難しい曲で挑む浅田選手らしい勝負への姿勢に

  心を強く打たれました。


~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~


  キム・ヨナ選手の演技は立派だったけど、あの点数はないでしょ。

  浅田選手、ジャンプミスが心残りだけど、あの点数の後でも

  よく心が折れず頑張ったと褒めてあげたい。結局あの採点は、

  キム選手の金メダルにも泥を塗ってしまった。

~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~


  男子、女子採点が高く出すぎている傾向があるよう感じました。

  自己ベストを塗り替えている選手が多かったし。

  プルシェンコ選手の4回転同様、誰かが挑戦しなければそれ以上を目指す

  選手も、後に続く選手も出てこないと思います。

  そんな中で浅田選手、相当の期待のかかる中での果敢な挑戦に

  拍手を送りたいです。

  浅田選手に金メダルを期待しすぎていたのもあるかもせれませんが、

  銀メダルもすばらしい事です!

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私、kuniのトールペイントのHPです

無料ブログはココログ

最近のトールペイント作品

  • 風景画のバスケット
    趣味のトールペイント作品です。