« オイルペイント再開・・?? | トップページ | オイルペイントの描き方 »

2010年10月15日 (金)

絵の具を練って色作り♪ オイルペイント

みなさま こんちには。

日中は少し暑いものの、過ごしやすい日が続いていますね。

ペイントするには絶好の季節ですhappy01

長い間さぼっていたオイルペイントですが、

今日は絵の具を練って「色作り」の作業をしました。

オイルペイントの事をご存じない方もあると思いますので、

今日は少し色作りの様子をご紹介します~


描こうと思っているデザインは、ペイントクラフト37号に掲載されていた

黒田あつ子MDAの作品です。(2003年5月発行、ありゃ、かなり古いですね・・coldsweats01


インストラクションを見て、必要な絵の具を用意します。

そして、パレットの準備を・・

普通はペーパーパレットを使うのですが、大きいものをきらしているので

今回はクリアファイルで代用します。(使える物はなんでも代用)

白い紙に色を乗せるマスを印刷しました。これをクリアファイルにはさんで使います。

Pa151865


オイルペイントは、明度・彩度を調節して色を何色も作る必要があるのです。

この作品はバラの花の色が7段階になっています、それでマス目も7個です。

暗いほうから 2ローダーク(2LD)、ローダーク(LD)、ダーク(D)

ミディアム(M)、ライト(L)、ハイライト(HL)、2ハイライト(2HL)となっています。

たいていの場合、ミディアム(M)の色から作っていきます。


ここでひとつ「大きな問題が・・

本には色見本が載っていないので、まったくの手探り状態からの色作りです・・sweat02

お教室では先生が作られた色見本をいただけるので、

それに近い色をつくればいいのですが、本ではそういう訳にも行かず~~sweat02

ですので、とんでもない作品ができるかもしれません・・shock

ハイキーな作品(と思う)ですので、使う色の明度が高いかなと思うのですが・・

昔々に受けた色彩学のセミナーでは、こんなボードを自分で作りました。

明暗度表です。

Pa151871


これで明度をはかるのですが、ハイキーの場合はたしか、Mが・・・・

・・・sweat02きれいに全て忘れました・・sweat02sweat02wobbly

(たしか、ノートに書いたと思うのであとで確認しないと~)

それも面倒なので、

ここからは、もう「勘」でいくしかありませんcoldsweats01(←自棄か?)


それでは気を取り直して、葉の色を作ります。

チタニュウムホワイト、アイボリーブラック、カドミウムイエローライト、

ウルトラマリンの4色で作ります。

Pa151862

まずMの色を作ってから、その色にチタニウムホワイトと

少量のカドミウムイエローライトを足してだんだんと明度を上げていきます。

Pa151863

暗い色は、Mの色にアイボリーブラックと少量のウルトラマリンを加えながら

明度、彩度、温度を下げていきます。

同じようにしてバラの花びらの色を作ります。

葉と同じようにMの色から作り、それを基にして暗い色、明るい色を作ります。

出来上がったのはこちらです。

Pa151864


左から右に色の明度が上がっています。

明度が高くなるにつれてあまり温度が下がり過ぎないよう、にごらないよう、

明度が低い色は極端に彩度が上がらないよう気をつけて作っていきます。

パレットに並んだ、隣同士の色を良く見て彩度、明度が飛びすぎないよう、

近すぎないように調整すること、そして縦の色の明度と彩度にも気をつけます。


たぶん、そう習ったと思うのですが、間違っていたらご指摘ください・・

今再度見ると、バラの花の2LDが暗すぎるような・・Dも彩度が高いような・・sweat02sweat02


それにしても、こんな細かいことを気にしてたら、

オイルペイントなんか描けたものじゃないと思われるかもしれません・・

でも、油絵の具は乾くのがゆっくりなので、描く段階に入ると

色のブレンドを楽しみながら、ゆったりとした気持で描くことができます。

そこがオイルペイントの良いところかなと思います。


こうしてブログに書くことで、以前習った事を思い出し、再度確認することができます。

でもって、それ変だよ、間違ってるんじゃない、ってことがありましたら

コメントにてご指摘いただけると嬉しいです。出来の悪い生徒でしたので・・

次回は少し描き方などをアップできればと思います(^^)


長くなりましたが、最後に黒田先生のお教室で習った作品をアップします。
まだフレームができてなくて、未完成なんですが~~(←早く塗れよ!)

Pa151870_2


先生の作品が、四季彩ペインティング14号(2002年9月発行 これも古い!)に

インストラクションと図案と共に公開されてるのでアップしてもいいかなと思いました。

秋らしい作品ですmaple


長いブログを最後まで読んでいただいてありがとうございました。

みなさまのクリックが励みになっています。よろしくお願い致しますheart04

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


« オイルペイント再開・・?? | トップページ | オイルペイントの描き方 »

コメント

ローズローズさまへ

いつもコメントありがとうございます。

緑色は、普通は青と黄を混ぜて作りますが、
アイボリーブラックには青い色が含まれているので
それに黄色と白を加えると緑ができると
習った記憶があります。
原色の黄と青を使って作るより
彩度の低い緑色ができるのではないかと思います。
色っていろんな色を使って作れるから
ちょっと混乱しますね・・^_^;

でも、私が習ったのは、もうずい分前のことなので、
忘れていることも多くて記憶違いもあるかもしれません・・
間違っていることがあれば、ご指摘をお願いしますね。

そうそう、今日やっと片山先生の通信講座の素材が届きました。
申し込んでから2ヶ月かかりました・・coldsweats01
ストロークローズ、全然練習できてないので、
焦っています~~~sweat01

ゆー2010さまへ

コメントありがとうございます。
興味深いと言っていただけて嬉しいです!

そうなんです、オイルペイントはこうやって
絵の具を練り合わせて色を作っていくんです。
インストラクションに使う色が指定してありますので、
その色を使って作ります。
私の描こうと思っている絵は、
赤紫色のバラと白いデージーとミモザが
カップに入っているデザインなんですが、
このアイテムの色を全て作ってから描いていきます。
描き方もちょっと面白いのですよ。
また次回ご紹介しようと思っていますので
見ていただけると嬉しいですhappy01


おはようございます。
色見本勉強になりますね。
葉の色その色を使って描いた事がないので
とても参考になりました。
オイルはkuniさんの方が先輩ですから
いろいろ教えて頂けると助かりますね

今からどんな作品ができるか楽しみです(^^;)

kuniさん、おはようございます♪
今日のブログも非常に興味深く読ませていただきました~。
オイルペインティングって、色を練ってつくるのですね?!
知りませんでした~。
しかも、クリアファイルで表のパレット?!
初めてです!!
こういう風にするといいのですね。
またまた、今度も描き方とか教えてください!
楽しみにしています。

なもちゃんさまへ

色を作らなければ何も始まらないので
とりあえず作ってみましたが、まったく自信がありません・・coldsweats01
ベースの色はブルーグリーンかなと思うのですが、
作ったバラの色はその上に乗せると鮮やか過ぎるような気がします。
再度作り直しの可能性大です・・><
忘れていることがたくさんあるので、
当時のノートを見て復習が必要ですし・・
もっと勉強しないとと思います。

なもちゃんさんは、オイルをしっかりお勉強されているので
オリジナル作品の色使いがとても心地良くて、いつも見とれています。
オリジナルは産みの苦しみがあって大変かと思いますが、
次はどんな作品なのか楽しみにしています。
私のは大したものは描けないと思いますので
期待しないで下さいね。
また間違っている事を書いていたらご指摘お願い致します(^^)

オイルはじめられましたね。
ばらにデージーにカップ、、、、、
ペンクラの本は全部はかっていなかったので、
その号はもってたかな??
どんな作品ができあがるか、、、たのしみです
o(*^ー^*)o   
作品かきはじめるとはやくしあげたくなってきますね。でも自分で考えるものはなかなかすすみません、、私も仕上たいものがあるのでやらなくては、、いろいろと脱線していまいます。^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オイルペイント再開・・?? | トップページ | オイルペイントの描き方 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私、kuniのトールペイントのHPです

無料ブログはココログ

最近のトールペイント作品

  • 風景画のバスケット
    趣味のトールペイント作品です。