« 押し花のスクラップブッキング その2 | トップページ | ミニバラで押し花作り その2 »

2010年8月31日 (火)

ミニバラで押し花作り

みなさま、こんばんは。

いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。

それにしても暑い日が続きますね・・sweat01

こちら関西地方は今日も猛暑&酷暑で、本当に異常な暑さでした・・coldsweats01

さて、今日は庭に咲いているお花で押し花作りをしました。

でも、真夏のこの時期に押し花を作ると言うのはちょっと無謀な試みだった

ような気がします・・sweat02

まず、庭に出たとたん焼け付くような陽射しで一気にやる気がダウン・・sweat02

さらに、この時期は押し花に向くお花はほとんど咲いておらず、

ミニバラだけがかろうじてお花を付けていました。

植えているミニバラは6種類ほどですが、状態の良いのをいくつか摘んで使いました。

P8311667

赤色、ピンク色、薄いピンク色の直径3~4cmほどの小さなお花たちです。


まず、花と葉に分けてキッチンペーパーの上で水気を取ります。

P8311669


P8311670


次にお花のガクの部分をカッターナイフを使って、できるだけ薄く切り取ります。

厚みがあると水分が取れにくいので、ガクの部分はなるべく薄くしておきます。

P8311673

つぼみのお花と半開きのお花はカッターで半分に切ります。

茎も半分にカットします。

P8311675

開ききってないお花は少しずつ花びらを外側に開いて押しやすくします。
半分に切ったお花は、中の花芯や余計な花びらを取り除き、なるべく薄くします。

P8311677


今回は押し花用の「乾燥シート」を使って乾燥させていきます。

乾燥シートは、A4ぐらいの大きさで湿気を吸うと柔らかくなりますが、

電子レンジで加熱するとまた乾燥するので何度でも再利用できます。

今日はこのシートを使います。よく使い込んで少し汚れていますが・・coldsweats01

P8311678

乾燥シートの上に薄いスポンジを敷き、その上にレーヨン紙を敷き

その上にお花を並べます。

P8311679

次に、お花の上にレーヨン紙、薄いスポンジ、乾燥シートの順に乗せます。

つまり、お花をシート・スポンジ・レーヨン紙で挟んでいる状態です。

葉っぱも同じように挟んでいきます。

P8311680

こうやってシートではさんだお花を、湿気が入らない密封できる袋に入れます。

P8311681

密封した袋の上に本などで重石をします。

3~5日ぐらいで押しあがると思いますが、途中で乾燥の具合を確認します。

その際に乾燥シートがひどくしっけていれば新しいシートに交換します。

さて、これでひとまず作業は終了です。

綺麗な押し花ができるといいのですが・・

今回は適当な本がなかったので、ペイントクラフトを何冊か使って

重石の代わりにしましたhappy01

最後まで読んでいただきありがとうございました。
お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します m(__)mペコリ

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

« 押し花のスクラップブッキング その2 | トップページ | ミニバラで押し花作り その2 »

コメント

フレデリックさまへ

コメントありがとうございます(^^)
ミニバラは暑さに強いのでしょうか、わりと元気に咲いていました。
四季咲き性なのかもしれませんね。
状態の良いお花を見ると押してみたいなって思いうのですが
切る時に可愛そうな気がしてすこし心が痛みますcoldsweats01
今回は花びらの厚みがあるので上手くできていそうです。
ですが、自己流なのであまり込み入った作品は作れず、
大きな花を押す技術もないんです・・
お母様も色々と作品つくりを楽しまれていることでしょうね。

ローズローズさまへ

いつもコメントありがとうございます(^o^)
ミニバラはたまたま咲いていたのですが、
状態の良い花があってラッキーでした(^^)
乾燥シートを使うので思っているより早く押し花にできます(^^)
生のお花と同じ色合いに仕上がると言いのですが、
なかなかそうはいかなくて・・
少し暗めの赤色になると思います。
発色剤を使ってみようと思いますので、また良ければ見てくださいね!

こんな猛暑の真夏でも、こんなに可愛いミニバラがお花をつけるんですね。
しかも6種類も育てて押し花にするにはぴったりですね。
でも母は作品を作るより押す方が技術が必要で
時間も掛かるし大変だと言っていました。
同じ花でも、全部が思ったように押し上がるわけでも無いとか。
根気の要る作業なんだなと思いました。

こんばんは(^_^)

またまたすごいですね。
こんな手間なことをしないと
できないものなのですね。
乾燥しているか途中で見ないといけないとは・・・

そもそも薔薇が庭に咲いていることが
すごいことに思います(^_^;)

いろんな色の薔薇でとっても素敵に
仕上がりそうですね。


ゆー2010さま

コメントありがとうございます(^^)
そうなんです、バラも押し花にできるんですhappy01

夏は朝顔やペチュニアもいいと思います。
春ならビオラやパンジー、アリッサム、バーベナ、カスミソウなどが
押しやすいと思います。
こちらは、湿度が高いので乾燥シートを使わないと
綺麗に押せないんですが、乾燥シートを使わなくても
キッチンペーパーなどに挟んで普通に押しても
作れますのでまた試してみてくださいね!

おはようございます♪
知りませんでした~、
バラも押し花にできるんですね!!
しかも蕾を半分にしたり、ガクを切ったり・・・
なるほど、こうすればいいのですねぇ♪
とってもいいことを教えていただきました~。
今度挑戦してみたいとおもいます!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 押し花のスクラップブッキング その2 | トップページ | ミニバラで押し花作り その2 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私、kuniのトールペイントのHPです

無料ブログはココログ

最近のトールペイント作品

  • 風景画のバスケット
    趣味のトールペイント作品です。