« 小さな寄植え | トップページ | ミル、安らかに眠れ・・ »

2010年8月14日 (土)

急変・・

ワンコの容態が急変しました・・

数日前から腹水が溜まり、食べ物を一切受け付けなくなりました。

11日に往診してもらいましたが、先生がおっしゃるには

腹水が溜まるのはもう末期の状態だということでした・・

腹水を取るために、利尿剤などを注射してもらいましたが、

効果はあまり期待できないだろうと言われました。


腹水と下痢、そして嘔吐がワンコを苦しめています・・

苦しさから逃れようと、夜も昼も鳴いています・・

もう5日間も何も食べていないのに、もう立ち上がることもできないのに

ワンコは苦しみから解放されません。

わたしにできることは、身体をさすってやり、起こして水を飲ませてやることだけ・・

辛いです、、

助ける手立てがないなら、この苦しみからワンコを救ってやりたいとだけ

思うようになりました。

動物病院はお盆休みで月曜日まで休診ですが、

それまでワンコが苦しみ続けたら、安楽死を考えようと思っています・・


安楽死については、賛否両論があることと思います。

今でも迷っていますし、

天寿をまとうさせ、自然な死を迎えさせてやりたいとも思います。


でも、なんの罰でミルがこれほど苦しい思いをしないといけないのか、、、

ミルの苦しむ姿を見ると、今はもう安らかな眠りしか考えられないのです。


ブログに書こうか、書くまいかと、今日まで迷っていましたが、

以前ワンコの記事で、みなさまから暖かいコメントをいただいたことが

とても嬉しく介護の大きな励みになっていましたので、

今の状況を書いてしまった次第です・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

« 小さな寄植え | トップページ | ミル、安らかに眠れ・・ »

コメント

ローズローズさまへ

ご心配をかけてしまいました・・
暖かいコメントをいただき本当にありがとうございます。

ミルは6日間何も食べず、最後の一日はお水も飲めない状態でした・・
苦しげに鳴く声がまだ耳に残っています・・
もっとしてやれることがあったのではないかと
後悔ばかりしています・・

もし、安楽死を選んでいたら、たぶん一生後悔していたと思います。
わたしにそんな思いをさせないよう旅立ってくれたと思っています。
今はもう虹の橋を渡り安らかな眠りについていることでしょう。
お心遣いに心から感謝いたします。

なもちゃんさまへ

暖かいコメントとお気遣い本当にありがとうございます。

夜間の動物病院があるのでしたか・・
このあたりは田舎なので近くにあるかどうか分からないのですが
うちにはまだニャンコがいるので調べてみますね。

苦しむ姿を見るのは本当に辛かったです・・
もっとしてやれることはなかったかと後悔ばかりしています。
今日はミルのいない庭を見て淋しくて泣いてばかりいました。

動画の小鳥さん、可愛いですね。
うちも昔十姉妹を飼っていたことがあります。
お世話が大変でしょうが可愛がってあげてくださいね。
ミルへのお心遣いに心から感謝いたします。

フレデリックさまへ

ご訪問と暖かいコメントをありがとうございます。
ブログに書くとみなさんに心配をかけてしまうので
どうしようかと悩みましたが、老犬の介護を応援してくださる方々の
暖かな気持がとても嬉しかったので状況報告をしてしまいました。
亡くなる前夜は特に苦しかったようで、もっとしてやれることがなかったかと
後悔ばかりしています。
ミルのためにお祈りして下さり本当にありがとうございました。
優しいお心遣いに感謝いたします・・

おはようございます。
ずっと更新がなかったので、なにか
あったのかなと心配しておりました。
ミルちゃんとても辛い状態ですね。
私の亡き愛犬も下痢と便秘の繰り返しで
とうとうご飯を食べなくなってまる2日
でいってしまいました。
諦めきれなくて食べ物を無理やり口に
詰め込んでいましたが、やはり限界だった
ようです。ミルちゃんだけは自分ときの
ようになってほしくないと願ってました。
本当に今のKUNIさんのお気持ちをお察し
しております。
なんとか奇跡がおきますように。

まだおきていたんですが、題名に急変とかいていたので、まさか、、とおもって、今のぞいてみました。本当に回りのご家族もその状態をみるのは耐えがたいでしょうね。私もとりさんばかり4羽(1羽はにげてしまったんですが、、、)
そのうちの1匹は病気でしんでしまいました。そのときの苦しんでる様子にどうしたらいいか、、病院に何度も相談にいっていました。しかし、、
最後は本当に今おもいだしても、胸が苦しいです。その想いをkuniさんがしてるかとおもうと
本当に、言葉がみつかりません。
動物病院も休日にも開いてる夜間動物病院なるものが存在します。ただ地域によってはないところもあるので、そちらの地域はあるんであれば、すこしでも痛みを軽減してあげる手立てがあればいいのですが、、、、検索すればhitするかもしれません。すこしでも苦しみが弱まるように、、、

書くことを躊躇われたお気持ち、とても切ないです・・・
不治の病と分かっているのは本当に辛いです。
苦しいのでしょうね・・
読ませていただいているだけでも、可哀相で仕方がありません。
kuniは今きっと、身を切られるような思いをされているんでしょうね。
私には何もして差し上げることが、出来ないのが歯がゆいです。
体をなでるkuniさんの手は、わんちゃんにとって、何をもにも変えられないものでしょう。
どうか少しでも苦しさが和らぎますように、
どうか奇跡が起こりますように・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな寄植え | トップページ | ミル、安らかに眠れ・・ »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私、kuniのトールペイントのHPです

無料ブログはココログ

最近のトールペイント作品

  • 風景画のバスケット
    趣味のトールペイント作品です。