« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月26日 (金)

電話詐欺・・!

タイトルを見て大体見当がつくかと思いますが、

わたし、、騙されてしまいました・・sad

「振り込め詐欺」や「還付金詐欺」で騙されたという話は良く聞きいているのですが、

もう手口がバレバレなので、今時そんなものに騙される人もいるんだなって、

ちょっと油断をしていました・・

その電話がかかってきたのは昨日のことでした。


男性の声で

「○○大学事務局のクドウと申します。」とその人は言いました。

長男が通っている大学の事務局からだったので、私は全く疑うことも無く

「お世話になっています。」と・・coldsweats01

「お宅の子供さんは住所を変更されているようですが、まだ学校の方へ

手続きをされていませんね。それで今現住所の確認の作業をしています。

現在の住所をお願いします。」

そう言われ、怪しむことも無く

「そうです、下宿していますので住所が変わりました。

現住所は神戸市中央区・・・、でも今手元に住所録がないので番地は分からないんですが」

と答えました。

男性が、「マンション名を教えてもらえたら番地はこちらで調べます」と言うので

何だか少し変な感じがしましたが、マンション名を言いました。

続けて、「連絡先の電話番号をお願いします。」

私が「携帯電話ですが・・」と言うと

「結構です」と言われたので番号を伝えました。

この直後に何ともいえない嫌な予感がしました・・sweat02

相手の話し方があまりにも流暢で、おまけに携帯の番号を聞き出そうとしているのに

直感的に感じるものがありました。

電話を切った後すぐに大学の事務局へ連絡を入れました。

住所の確認作業をしているのかどうか聞きますと、案の定

「大学からはそのような連絡は一切しておりません」とのこと。


やっぱり・・wobbly

どうしよう~長男の携帯番号まで教えてしまったよぉ~~crying

なんて馬鹿なわたし・・

その後長男に連絡を入れ、今後電話や郵便物、訪問者に充分気をつけるよう

注意をしました。

一体長男の個人情報を何に使うつもりなんだろうかと、

なんだか薄気味悪くて仕方ありません。

携帯の番号は変えるよう長男に話そうと思っています。


それにしても不思議なのは、長男が通っている大学名がどうして分かったのか?

個人情報って管理が厳しくなっているはず。

高校の卒業名簿にも載せていないのに。

なぜ、下宿をしていると分かったのか?

通学するには実家から遠いので下宿していると推察したのだろうか?

結局、ある程度の情報はどこからか外部へ漏れているのだということだろう。

皆さんも気をつけてくださいね。

学校や公共機関では、電話で個人情報を聞き出すことは絶対ないですから。

2008年9月 1日 (月)

動脈硬化症・・^_^;

『動脈硬化症』って血管の疾患としてよく聞く病名ですが、

まだそんな年じゃないので自分には余り関係がない事と思っていました。

ところが、昨日主人の実家へ電話した時にかなりショックな話を聞きました・・despair

主人の両親は我家から車で1時間ほどの神戸市の郊外に住んでいます。

81歳と78歳でかなり高齢ですが、特に重い病気にもならず

ふたりで元気に暮らしていました。

  ・・・の、はずだったのですが、

最近義父が「めまい」を感じるようになったとのことで、先日脳の精密検査を受けました。

CTとMRIを受けたそうですが、結果は・・・

脳動脈が『動脈硬化症』になっていて、通常は1センチある動脈が硬化症のため狭くなり、

3ミリの太さしかないということが分かりました sweat02

動脈全体ではなく、3箇所ほど狭くなっている箇所があるそうです。

しかも、手術ができない部分に発症しているそうで、血栓が詰まれば

脳梗塞、狭いところで破れると脳内出血になり、重篤な症状になるそうです・・sweat02

せめて手術ができる箇所なら、何とか命が助かると思うのですが、

手術できないということは、命も助からない、幸いにして一命を取りとめても

大きな障害も残るということになるので、何ともショックな話でした・・

いつもは前向きな義父もかなりショックを受けている様子でした。

それで、電話ではゆっくり話ができないので今日主人と実家まで行きました。

両親共に高齢なので、万が一の事も考えて今後の事を色々と話し合いました。

離れて暮らしていると、『もしもの時にどうするか』ということが一番の問題です。

神戸はそんなに遠い距離では無いですが、同居していたって入院や介護って

大変なんだから、離れて暮らしていると、やはりかなり大変で深刻なことになると思います。


  にしても・・

うちは私の両親も同居しているので、私の肩に四人分の高齢者介護が

のっかかっているような気がします・・・coldsweats01

しているだけでまだ何もしてないですが~~~coldsweats01

ただ、気持としてかなり大変だろうなと・・sweat02


ひとりでできることって限界があるし、あまり気張らず自然体でいけたらいいのですが・・

主人の両親は人間的にとてもよく出来た方なので

できるだけの事はしてあげようと思っていますが。。。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私、kuniのトールペイントのHPです

無料ブログはココログ

最近のトールペイント作品

  • 風景画のバスケット
    趣味のトールペイント作品です。