« 残暑厳しく・・ | トップページ | 初めての投資信託 その4 »

2007年9月22日 (土)

シングル・アゲイン

月日が経つのはなんでこんなに早いのだろう。

来年の干支が「子年」だと知って、あれからもう24年も経つんだって気づいた。

本当にそんなに長い歳月を過ごしてきたなんて思えない。

竹内まりやさんの「シングル・アゲイン」

この曲が好きで、以前はよく聞いていた。

メロディもなんだけど、歌詞がとっても心に響いて、

聞いていると、なんか涙が出そうになっちゃう。

  変わり続けてく 街並みのように

  もとには戻れない 若き日のふたり

  彼女を選んだ理由さえ聞けずに

  ただ季節は流れ 見失った約束

  もし再び出会って 瞳を探り合っても

  隔てた時をうめるすべは何ひとつない

  手放した恋を今 あなたも悔やんでるなら

  やっと本当のさよならできる

  また独りに返ったと 風の便りに聞いてから

  忘れかけた想いが胸の中でざわめく

  手ばなした恋を今 あなたも悔やんでいるなら

  やっと本当のさよならできる

これは2番目の歌詞なんだけど、

恋人と別れて、まだその人への想いを断ち切れない切ない気持が

よく出ていると思う。

この歌は、火曜サスペンス劇場の主題歌にもなり、

1989年6月から1990年9月まで流されたので

曲を聴くと知っている方も多いのではと思う。

なかなか寝付けない夜、

24年前のことを思い出すと、なんとも懐かしく、そしてこころが苦しくなる。

タイムマシンがあれば、なんて本気で思ってしまう。

人生の折り返し点を過ぎても、忘れられない思い出、、、

本当のさよならが言える時は果たしてくるのだろうか。

  
   

« 残暑厳しく・・ | トップページ | 初めての投資信託 その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残暑厳しく・・ | トップページ | 初めての投資信託 その4 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

私、kuniのトールペイントのHPです

無料ブログはココログ

最近のトールペイント作品

  • 風景画のバスケット
    趣味のトールペイント作品です。